スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.10.28~Pompidou~ 

ポンピドー外


表側に出て、写真を撮る。表はけっこう見通しのよい広場となっている。
写真を撮ることが趣味だってこと、自分が何の仕事をしているかってことを、
フランス人青年Oさんに話す。
Oさんはここの場所が好きで、ここでコーヒーを飲むのが好きだと話してくれた。
ここのカフェでコーヒーを飲みながら話をしましょう。
といってくれたので、入口でセキュリティーチェックを受けてから、
2階のカフェへ向かう。

ポンピドー内


Oさんが奢ってくれたコーヒーを片手に1階の人たちを見ながら話をする。
Oさんの仕事のこと、フランスは90%原子力に頼っていること、
環境に悪いから車を持たないことなど話してくれた。
日本にいた時に、温泉にもいったことあるし、「平和公園」にも行ったことがあるみたいだ。

そういえば日本文学にも結構詳しくて、村上春樹はフランスでもかなり有名。
彼おすすめの日本文学は安部公房の「砂の女」のようだ。
私は安部公房の名前はしっていたが、「砂の女」は知らなかった。
映画にもなっているみたいで、この映画がいいらしい。
映画といえば、「キタノタケシ」の映画は好きなのと嫌いなのとわかれるようだ。
私も同意見だな。

私が今日の観光内容など話していると、
「モンマルトルのサクレクール寺院は知ってる?」と聞いてきた。
「知っているけど、あの辺はあまり治安がよくないみたいだから行かないの」
というと、
「そこからのパリの眺めが最高だから一緒に行こう。一緒なら大丈夫だよ」
っていってメモ帳に自分の電話番号を書いた。
「明日は兄と行動をともにする予定だから、どうなるかわからないけど、
もしいけそうなら電話するね」と答えた。

私がエアシャトルに電話することができないんだと話すと、
一緒に1階の公衆電話の電話ボックスに行って、私のメモをみて、
「フランスの国番号の33とこの0はいらないよ」と言ってくれた。
Oさんのおかげで電話が通じた。
電話で英会話。かなり苦労したが、なんとかホテルに6時45分にきてくれるということが
通じて、ことないをえた。
ほっとする。
ポンピドーセンタを出て、Oさんはシャトレ駅へ、私はここのすぐ近くのランビュトー駅へ向かう。

1028夕食


レピュブリック駅に到着。
お水を買って、駅近くのお店を物色。
結局、レオンドブリュッセルのレピュブリック店へ。
明日はここのシャンゼリゼ通りでムール貝を食べるよていだから、
それ以外のもので比較的安いものを注文。
といってもビールが4.1ユーロ、フィッシュ&チップスが10.5ユーロ。
これがこんな値段するなんて、ほんと高すぎ。
さすがにポテトを全部食べることができなかった。

お店を出て歩いて5分もしないうちにホテルに到着。9時前だっただろうか…。
そういえば朝、7時にロビーで…って話をしたっけ?てことを思い出す。
でもさすがについていくのはあまりにも危険すぎる。
今日はいろんな出来事がありすぎて、そんな気力はどこにも残ってない。

シャワーを浴びて、洗濯して、寝床へ。
本当に長い長い、充実した一日だった。。

スポンサーサイト

Comments

連休が終わって今日から出勤です☆

やはり淑女の一人旅は、いろんな男どもが寄ってきますなあ…。
「ムール貝」「フィッシュ&チップス」という言葉に妙に食欲を刺激されました。
いまとってもお腹が空いているからだけでなく、私が洋食に飢えているのが最大の原因かと思われます。
中華はもういいーー!(笑)

  • [2008/02/13 18:41]
  • URL |
  • あんぷー
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

■あんぷーさん

長期休暇後の仕事ってなんだか面倒だよね~。
私は2月の3連休空けてからはとーっても忙しいデス。
「ムール貝」&Oさんは30日の日記にも登場するので、
続きをお楽しみにっ!

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://parischekotabi.blog21.fc2.com/tb.php/16-555ec3cc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。