スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.10.30~the bus window~ 

しばらくぼーっと窓の外を眺める。
のどかな風景が目に飛び込んできて、たまに写真を撮ってみる。
だが、バスが走っているのと窓がそんなききれいではないので、
なかなかいい写真は撮れなかった。

チェスキーブイヨチェまで16時40分の予定。
それまでに何度かバス停にとまる。
多分ターボルだったと思うが、人が多くなってきたので、
荷物を上に上げようとしたところ、重たくてふらついてしまった。
そのとき隣の太ったおじさんが手伝ってくれた。ありがたいことだ。

行き車窓2


写真撮ったり、ガイドブック見たり、すこし休んだりしていると、
あっという間に時間は経ち、
16時42,3分頃、チェスキーブイヨチェバスターミナルに到着した。
16時40分出発のバスのバス停を探す。

私の前を「チェスキークルムロフ」と書かれたバスが停まった。
バスの運転手に英語で聞いてみるが、「?」な感じだった。
英語がよくわからないようんだ
後ろに並んでいた20歳前後の青年が、
「このバスはチェスキークルムロフからプラハに行くバスだよ。
目的のバスは2番から出るよ」と英語で教えてくれた。
もし教えてくれなかったら、私は来た道を戻っていたことになる。
青年よ…。本当にありがとう。

次のバスは17時25分に出発する。
まだまだ時間があるので、トイレに行ったりしながら待つ。
バスが2番に到着。中へ乗り込む。
人が多い。
荷物をひざの前に載せてじっと座っていた。

最後のバスターミナルまで乗っておこうかと思ったが、
ひとつ手前のバス停で降りる。

ライトアップされた城が見える。
本当にきれいだ。気持ちが高まる。
スーツケースを引きずりながら進む。
石畳のせいでガタガタしていて進みにくい。

道に迷いながらも何とかホテルに到着。

チェスキーホテル前


これが今回チェスキークルムロフで泊まったホテル正面。
さすがに私が到着したのが18時20分ごろだったので、真っ暗だった。
これは朝撮った写真。

スポンサーサイト

Comments

お城のような入り口ですね。
そーっと扉を開いてみたくなります。
ちょっとわくわくしながら!

■satomiさん

ようやくこのホテルを見つけた時は
本当にうれしかったよ。
ほんとこの扉、絵になるよね~。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://parischekotabi.blog21.fc2.com/tb.php/26-1cf6e3d8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。