スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.10.27 ~I arrived at Paris. ~ 

シャルルドゴール空港
 2003.1.5 シャルルドゴール空港にて
                                           

ようやくシャルルドゴール空港に到着し、入国審査にむかう。
フランスではそこまで入国審査で待たされることもなく、
質問も「banba?」(ってわたしの本当の名前ですが)って聞かれただけで終わった。
入国審査も終わり、Kさんとはここでお別れ。
Kさんは本当に話しやすくて良い方でした。

空港から市内に向かうため、ロワシーバス乗り場を探す。
ここからが本当に大変。
降り立つのがFって書かれていたのにCだった。
私のパリのガイドブックには空港内のバス乗り場の地図などなくて、
空港内のインフォメーションを探すが地図らしきものが見当たらない。
昨年友達が購入したフランスのガイドブックの記憶を頼りに
ひとまずすすむ。
空港内は警官が多かった。ストのせい??
バス乗り場らしきところに行くと、警官に行く手を阻まれる。
しばらく待っていると家族連れのパパらしき人から
「Where are you from?」と聞かれる。
不安を紛らわすために少しおじさんと会話する。

それからその場は開放され、ロワシーバスのバス停を探す。
なかなか見つからないので空港内にいた警官に尋ねる。
私の発音がいまいちだったせいかなかなか通じなかったが
「No airport bus」でなんとか通じ、
「まっすぐ行って左に曲がり、下へ降りてまっすぐいくとあるよ」
と英語で親切に教えてくれた。
言われた通りに行くと案内板があり、「Roizzy bus」の表記が…。
よかったぁと思ったのもつかの間、ロワシーバスのバス停入り口に貼紙が。。
入り口も閉まっており、バス停には誰もいない。

どーしよーー!!
タクシーに乗るか、エールフランスバスでひとまずリオン駅まで行って、
そこからタクシーを捕まえる作戦に変更しようかと思い、
エールフランスバスのバス停でバスを待っていると、
隣のロワシーバスのバス停にバスが停まる。
急いで隣に行き、「チケットがない」というと、
「中で買えるよ」と私の後ろに並んでいた女性が教えてくれた。
バスの運転手に10ユーロを渡し、1.4ユーロのお釣をもらう。
バスの席に座りほっと一息。
よーやくシャルルドゴール空港脱出。いざオペラ座前まで!!

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://parischekotabi.blog21.fc2.com/tb.php/5-8340455c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。