スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.11.02~Red,Yellow,Black~ 

10時になったので、聖ラクシュミー教会へ。
その後ティーン教会へ。このティーン教会は内部の撮影が禁止されていた。
ティーン教会を出た後、地図をみてると「野菜とくだものの市場」と書かれてあるのを発見。
日本で見てたときに行きたいなと思っていて、今いる場所から近かったので早速いってみることに。

RED

こんなかんじで色とりどりの野菜や果物が置いてあった。
お土産品も数多くそろえてあった。
私はここのまわりをぐるっと一周した後チェドックによってドルをコルナに両替する。

YELLOW

地下鉄と路面電車を乗りづぎ、黒ビールで有名な「ウ・フクレー」へ
一人中に入る。かなり広い。
11時過ぎだったので客はあまりいない。

BLACK

私が席に座ると頼んでもないのにビールが運ばれてきた。

2007.11.02~camera!camera!camera!~ 

パリの街を散策しても古いフィルムカメラを売っている店はぜーんぜん
見かけることはなかったけど、
プラハの町ではこんなふうに古いカメラたちがならんでます。

ふと見つけた中古カメラ屋のまえでカメラを見つめる日本女子。
プラハではフィルムもちゃんと売っていたし、
きっとフィルムのカメラで撮った写真がすきなんだろうなあ…。

カメラ1


×約6.1をすると日本円に直せます。

カメラ2


カメラのフォルムがすきだから記念に買ってみようかとおもったけど、
英語でいろいろ聞くのが面倒になって、
結局あきらめました。

カメラ3


買っておけばよかったかなあ…。

2007.11.02~Where are you from?~ 

ベンチに座ってぼーっとしてると後ろ側はこんな景色。

イチョウ


私の座っている同じベンチに買い物袋を置いて、私と向かい合おばあちゃんが…。
やさしい笑顔だったので、写真撮りたいな~と思いつつもなかなか言い出せず、
お互い静かな時間が流れていく…。

5分ぐらい経過した後、おばあちゃんが
「Where are you from?」と聞いてきた。
「I'm from Japan.」と言うと一気におばあちゃんが話し出す。
 
彼女には東京で大学教授をしている20年来の友達がいること、
その友達は2回ほどプラハを訪れたことがあること、
そして質問される。
「プラハ城やカレル橋には行ったの?」と
「昨日行ってきたよ。天気がよかったら気持ちよく観光できた」と

「ペンと紙はあるか」と言われたので取り出すと
自分の住所を言い始める。
さすがに聞き取れない。
彼女にペンと紙を差し出すけど、よくわからないけど書くことができないみたいで、
私に自分の住所と名前を書くようにと言われた。
コンピューターがあればE-mailの交換ができますけどといったが、
さすがに持っていないし使えないらしい。
言われるがまま書く。漢字とローマ字で。
それを彼女に渡した。

彼女の名前は「ミミー」
「あなたの写真を撮ってもいいですか?」と聞いたところ
「いいよ」と言ってくれたのでこんなかんじで写真を撮る。

ミミー


「あなたのおかげで楽しい時間を過ごすことができたわ」
といわれたので
「me too!!」と答えた。

ミミーさんとお別れした後、ガーネットのネックレスがほしかったので
近くのお店をウインドーショッピングする。
これといったものもなかったので結局このときは買うことはなかった。

20087.11.02 ~last sightseeing day!~ 

とうとう観光できる最後の日。
この日も11時に寝たというのに、3時から4時ごろ目が覚める。
いつものごとくガイドブックをみたり、日記を書いたりして過ごす。
7時になり朝食会場へ。
またもや私が一番乗りのようだ。
朝食を済ませ、部屋に戻って観光の支度をする。

カレル橋(モノクロ)


外に出てみると曇り空。
ちょっとこのホテルの周りを散策してみようと思い、川沿いまで出る。
今日は普通の日だから出勤する人が行き交う。

ホテルとなりのTABACで1日乗車券を購入し、
トラムに乗ってカレル橋に向かう。
今日はモノクロフィルムで静かな朝、カレル橋の写真でもと思ったからだ。
昨日の昼間とは違い、人もまばら。

地図を片手に


橋をわたり終えた後に左折し、川沿いの公園へ向かう。
ランニングをする人、犬を連れて散歩する人、清掃員などが
ちらほらいる。
モノクロ写真ではわからないと思うが、芝生の緑とイチョウの黄色が美しい。

犬とお散歩


公園を散策した後、軍艦島に釣り人がいたので、近づいてみようと思ったが、
浮浪者らしき人がいたのであきらめる。

トラムに乗って旧市街広場へ。
昨日見ることができなかった、聖ラクシュミー教会や
ティーン教会を見るためだ。

朝早くから歩き回ったので9時20分というのにすっかりくたびれていた。
広場前にベンチを発見したので、座ってぼーっとする。

2008.11.01~concert~ 

店の中に入ってカフェオレを注文。
ゆっくり座って、あったかいカフェオレを飲むと疲れも吹き飛ぶ。

お店を出て、旧市街広場へ。
だいぶ日が落ちてきた。

時計台


夕日とライトアップされたプラハ城を見るために、川沿いに向かう。
みんな同じことを考えているみたいで、川沿いには人がいっぱい。

どんどん暮れていく空とライトアップされたプラハ城、
ほんとうに美しい景色だった。

コンサートが18時からで15分前には集合とのことだったので、
現地であるクレメンティヌに向かう。
現地に行くと開館を待つ人であふれていた。
しばらく待つと扉が開く。

プラハ城夕方


天井を見上げるとこんなかんじ。
ゴージャスで美しい空間だった。
500kcの席のなかでは一番前の席に座る。
時間があったのでトイレにいっておく。

主役登場。
歌い手、パイプオルガン奏者、オーボエ奏者の3人がでてきた。
「トッカータとフーガ」や「アベマリア」など聴いたことのある曲が多かった。
歌い手の女性(推定25歳)の美しい歌声が
この空間に心地よく満ち渡る。
内部の音響もよかったように思う。

演奏が全部終わって3人が退場しても拍手が鳴り止まない。
また3人がでてきてアンコール演奏をしてくれた。
アンコール演奏も終わり、外に出る。

クレメンティヌ


お腹がすいてきたので、地球の歩き方に安くて地元の人でにぎわっているという店が
近くにあると書いていたので、いってみる。
中に入ると、人であふれており、かなり煙たいのであきらめる。

次の候補に行く途中、マリオネット店が。
プラハにはこのマリオネットの劇場もあるし、
マリオネット売り場もたくさんある。

次の候補も人が多くて煙たいのであきらめる。
結局ここのちかくの「テスコ」というデパートで
お土産のお菓子や食べ物を購入し、さらにワイン、チーズ、惣菜を買う。

マリオネット


もう遅いし疲れたのでホテルで食べることにする。
トラムに乗ってホテルへ。
冷たいビールが飲みたかったので、ホテルのバーへ。誰も居ない。
ビールを頼み、ここでテスコで買った惣菜を食べる。
チーズは安くておいしかった。
途中夫婦がやってきてコーヒーを飲んでいた。

食べ終わって部屋に戻ってワインを飲みながら、テレビを見ながら
洗濯、フィルムの整理をして、
シャワーを浴びて寝る。

長い長い晴天の一日が終わる。

2007.11.01~lively afternoon~ 

昼食を食べ終えた後、ストラホフ修道院へ。
ちなみに下の写真は修道院前の建物。
窓辺にお花を飾っている家が多い。

外灯


修道院内部見学のチケットを購入。
中に入って写真を撮ろうとすると、
写真を撮るためには下で50kcのチケットを別で購入しないといけないと
いわれたので、またチケット売り場に戻って購入する。

ここの空間は緻密な装飾できらびやかな空間だった。
私が思っていたよりも広くない。

ここの見学を終えた後、ちょっと庭を散策して、
またトラム乗り場に戻る。

神学の間


カレル橋でにぎわう人々を撮りたいと思い、
カレル橋に一番近い停留所で下車。
そこからウインドーショッピングを楽しむ。

途中、プラハの絵の描かれた爪やすりがあったから、
会社の女性用のお土産にと購入する。

カレル橋に到着。
朝とは違い、多くの人たちでにぎわう。
音楽の演奏をする人、自分で書いた絵や写真を売る人、
似顔絵を書く人、多くの観光客…。

人が多いから変な人がいないかちょっと警戒しながらも、
このここちよい昼のにぎわいを楽しむ。
生演奏もなかなかよかった。

帽子


今日の夜は音楽のコンサートでも聴きたいなと思い、
路地で配られているチケットをみたり、ボヘミアチケットに行って探す。

時間が遅くなりすぎるのはよくないなと思い、
結局クレメンティヌで行われるクラリネットとパイプオルガンとコーラスの
コンサートチケットを500kcで購入。

演奏


チケット購入後、旧市街広場へ。
人がたくさんいる。
この広場に面したカフェでお茶でもしようと思ったが、
他のところより値段が高かったのであきらめる。
トイレにいったり両替したりしているうちに、
疲れてのどもかわいてきたので、
コーヒーでも飲めるお店を探す。
広場からちょっと奥に入ったところにカントリー調のお店があったので、
中に入る。

2007.11.01~big meat~ 

聖ラクシュミー教会の中に入る。
はじめに見た聖ヴィート教会に比べてこじんまりとしていた。
天井を見上げると↓のような感じ。

小さかったので見学も割と早く終わって、外に出る。
城内の美術館をみようかと思ったが、
美術品をみるにはちょっと疲れてきたので、
お土産物店のならぶ黄金の小路へ向かう。

教会天井


黄金の小路には↓のような鉄製のかわいらしい看板?などが並んでいた。
いろんな店を見てまわる。
あるお店に入ると、いろんなブックマークがおいてあった。
小さいしデザインもかわいいので、お土産になるなと思い、
ねことクローバーとはさみのブックマークを購入。

ここの店主が日本語が少し話せて、ブックマークのデザインでけん玉や動物たちなど
あったのだか、たいていを日本語で言うことができた。
しばしのおしゃべり。
おまけに飴も頂いた。

お店を出ると城の別の出入口に到着。
城をでてトラム乗り場を目指す。

鋼製看板


次の目的地はストラホフ修道院。
↓の写真はトラム乗り場付近の写真。
トラム乗り場で自分の乗りたいトラムがなかなかやってこなかったので、
しばらく待っている間に撮ったもの。

トラムに乗ったもののどこが最寄の駅なのかいまいちわかっていなかったので、
私の席の隣に立っていたおじさんに地図を片手に
「ここに行きたいんだけど、どこの駅で降りたらいい?」と尋ねた。
するとチェコ語でべらべらしゃべりまくり
ここの場所がいいみたいで、親指をたてて「OK!」とばかりに微笑みかける。
停留所が近づくと、まっすぐ言って左とばかりにジェスチャーしてくれた。
おじさんにお辞儀をしてからトラムを降りる。

おじさんが言ったとおりに行くと修道院に到着。
芝生の緑とイチョウの黄色が本当にきれいだ。
修道院の入口に向かうと12時から13時までは休憩とのことだったので、
この付近で昼食をとることにした。

公園前


昼時間50%オフの看板を見つけたので、店の中に入る。
暗くて雰囲気のある店。人はぼちぼち。
赤ワインと名物ポテトパンケーキを注文する。
ここの赤ワインはちょっとすっぱくておいしくなかった。
↓のパンケーキは薄くスライスしたパンのなかにマッシュポテトとチーズが入っており、
本当においしかった。
いつものごとく1人だと量が多かったので全部食べることができなかった。

ポテトパンケーキ


私の向かいの4人組の席にびっくりするぐらいデカイ肉の塊がやってきた。
4人は大爆笑。
私にも笑いかけてくれたので一緒に爆笑。
いいチャンスだと思って
「この写真を撮ってもいい?」と尋ねた。
快諾してくれたので写真を撮る。

がしかしあまりにも暗くてISO100のフィルムだったので、
ぼけた写真しか撮ることができなかった。
残念…。
でも久しぶりに大笑いしたな。。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。